尾崎章彦先生 インタビュー

プロフィール

●東京大学 医学部卒
●公益財団法人ときわ会常磐病院 乳腺外科医
●医療法人社団 青空会 大町病院 内科医

CLIMの白衣をどの位の期間、どの位の頻度で着用されていますか?
尾崎先生「 今、もうすでに一年以上使わせて頂いていて、毎日使わせていただいています。毎日着ているという状態です。 」

CLIMを知った最初のきっかけは何ですか?
尾崎先生「知り合いの医師が使用していて、その人からケイ.アンビエンテ㈱さんを紹介して頂きました。ご担当の方にCLIMの商品を持って来て頂き、試着させて頂きました

実際に使ってみて、いかがですか??
尾崎先生「非常に着心地が良いですし、着ていても全く疲れません。今まで着ていたユニフォームの概念が変わりました。着心地が良いということは診療の質の向上にも役に立っていると思います。

乳腺外科の先生として、これは良いと思った点はございますか?
尾崎先生
「女性が相手の診療科になりますので清潔感が非常に重要だと思っています。一番良いのは、毎日洗濯して(イージーケアなので)清潔な状態で使えることです。デザイン的にも清潔感のあるものではないかと思っています。

診療中にこんな動きをするときにCLIMが役に立つというようなことはありますか?
尾崎先生
「診察をしていてししゃがんだり座ったりしながら体を前に伸ばす姿勢が結構多いのですが、背中が見えないというところが良いと思っています。」

今後のCLIMにどのようなことを期待されますか?
尾崎先生
「医療の質の向上のためにもっと多くの方に使って頂きたいたいというのがありますので、可能であればもう少し安くなるといいのではないかなと思います。」

本日はありがとうございました。

公益財団法人 ときわ会 常磐病院
〒972-8322 福島県いわき市常磐上湯長谷町上ノ台57番地
TEL:0246-81-5522 FAX:0246-81-5577
http://www.tokiwa.or.jp/hospital/jyoban/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です