カテゴリー
インタビュー

神馬紗智さん(看護師)インタビュー

プロフィール
板橋中央病院 消化器病センター

CLIMと最初に出会ったきっかけは
神馬様
「知り合いの方よりご紹介を受け、着用する機会を頂きました。着用してみて非常に着心地が良いので、着用できる日は、選んでCLIMを着用しています。」

実際使ってみていかがですか
神馬様「看護師としてしゃがむ姿勢が多いのですが、その際にストレスなく体を曲げ伸ばしできるので、身体が楽です。また、病院は制服を自由に選べるのですが、白という色の制限があり、透け感等が非常に気になるのですが、CLIMは透けにくくて安心して着用できます」

今後のCLIMにどのようなことを期待されますか?
神馬様「とても着やすくてよいのですが、もっとバリエーションがあれば選びやすいと思います。襟付きのものは需要があるのではと思います。」

ありがとうございました

インタビュー動画は後日アップロードします。

カテゴリー
インタビュー

久住英二先生インタビュー

プロフィール

医療法人社団鉄医会 ナビタスクリニック理事長

●新潟大学医学部医学科卒
●日本内科学会認定内科医
●日本血液学会認定血液専門医

CLIMをどのぐらいの期間、どのぐらいの頻度で着用されていますか
久住先生「もう、だいたい1年くらい前になると思いますが、ご紹介いただいて使っています。普段はスクラブであったり、あと ちょっと長い白衣が必要で「今日はちょっと寒いな」とか、もしくはネクタイしめて、ちゃんとした格好をしないといけない時に、この白衣を使わせてもらっています。週に2~3回は使っているようなかんじでしょうかね。何だかんだ言って、結構 愛用させてもらっています。

CLIMと最初に出会ったきっかけは
久住先生
「CLIMを開発されている会社の方と、私のお世話になっている方が知り合いということで「これは いいぞ!」ということで、ご紹介いただきました。最初は当然、『義理立てしないといけないのかな』みたいな感じでお会いしたのですが、今も愛用しているということからお解りのように、これは私も皆さんにお勧めしたい、気心地の良い白衣です。

実際使ってみていかがですか
久住先生「肩が凝らないというか、どうしても白衣って普段ですとポリエステルとか綿なんですよね。ですから割りと伸縮性がないので、ずっと使っていると肩が凝ってきたりとか、あと椅子に座ったり立ったりした時に、布が引っ張られたりして どうしても自由にならない。それが、このCLIMの白衣はないっていうことと、あと特に綿の白衣ですとシワが結構気になるんですね。でもこれは、干しておけば そのままシワができないので、そういう点で非常に楽です。

ここは使いやすいと思った点はございますか
久住先生
「内科医も、割かし患者さんの胸の音を聞くのに立ち上がったりとか、あと、超音波の検査するのに動き回ったりするんですね。普段は半袖で済ませてしまった方が楽なんですけれども、やっぱり先程も言ったようにネクタイしてワイシャツ着ている時なんかは、普通の白衣だと腕が伸ばしにくかったりしてそういう検査がしにくいんですけれども、この(CLIMの)白衣だと そのへんが楽なのと、やはり長時間パソコンを向いてカルテを打っていたりしますので、肩が引っ張られたりしないので肩が凝らないという点でも、‘動く方’も‘じっとしている方’も、どちらにおいても 普通の綿の白衣とかよりは非常に楽ですね。

今後のCLIMにどのようなことを期待されますか?
久住先生「CLIMの素晴らしいこの布、伸縮性もあって かつ軽くてシワにもならないっていう布を活かしてもっと色んなものを作ってほしいと思います。(CLIMは)スクラブのご用意もあるかと思うんですが、今のところ うちのスタッフはですね「スクラブの色がちょっと地味だ」っていうことを言っていまして、その辺がカラフルであったり、あと子供さんを相手する、うち小児科もありますので、子供さんを相手すると割りとゴチャゴチャ色んなイラストがのってるスクラブとかも、子供さんも実はナースさんも何というかな・・・単色だとやっぱり、のペーっとした感じがしちゃうんで、色々とイラストや柄が入っているやつが欲しいっていう、そういう声もあるんで、 ぜひ そのへんが出来上がってくると、より素晴らしい・・というか、より喜ぶ方が増えるかなと思います 。

本日はありがとうございました

カテゴリー
インタビュー

河野正剛先生インタビュー

プロフィール

河野歯科医院 院長

●日本大学法学部卒
●明海大学歯学部歯学科卒
●日本大学歯学部附属歯科病院
●世田谷区長岡歯科勤務

CLIMをどの位の期間、どの位の頻度で着用されていますか?
河野先生
「3か月前に購入して、今は毎日着用しています」

CLIMを最初に知ったきっかけは何ですか?
河野先生
「一緒に剣道をやっている仲間で、医師の先生がいらっしゃって、大変着やすいということでご紹介して頂きました。医院までサンプルを持って着て頂き、試着をして購入しました。」

CLIMを実際に使ってみていかがですか?
河野先生
「歯科医の仕事というのは、結構手とか足とかを動かすので非常に動きやすくて気に入っています。(他の白衣と比べて)そんなにゆったりはしていないのですが、圧迫感が全くなくて、手や足を伸ばしやすい。生地も柔らかくて着心地が非常に良いと思います。」

歯科医としてここは使いやすいと思った点はございますか?
河野先生
「診療中にペンとか眼鏡を胸ポケットに入れて診療することが多いのですが、非常にゆったりとはしているんですけど、ポケットがたるまないので胸ポケットが使いやすいと感じています。ペンや眼鏡以外に名札もつけるので、どうしてもたるんでしまう白衣が多いのですが、CLIMはそんなことなく、気に入っています。」

今後のCLIMにどのようなことを期待されますか?
河野先生
「当院はイメージカラーが緑です。今回病院のロゴの刺繍を入れてもらいましたが、やはりカラーバリエーションをもっと増やしてほしいと思っています。」

河野先生ありがとうございました!

河野歯科医院


〒112-0002
東京都文京区小石川1-16-11
電話番号:03-3811-5456
https://www.kono-do1917.com/

■診療内容: ・ 一般歯科
 ・ 予防歯科
 ・ 歯周病
 ・ 小児歯科
 ・ 口腔外科
 ・ 審美歯科(ホワイトニング)
 ・ インプラント
※各種保険取り扱っています。
■診療時間:

カテゴリー
インタビュー 未分類

橋村威慶先生インタビュー

プロフィール

●サッカー通りみなみデンタルオフィス 歯科医師
●鹿児島大学歯学部卒業
● 特定非営利活動法人 医療ガバナンス研究所研究員

CLIMをどの位の頻度で着用されていますか?
橋村先生
「今、CLIMの商品を上下で3着ずつ持っていますので、だいたい週に5日勤務なんですが、4日以上は着用しています。毎日着てもいいんですが、ローテーションの関係で洗濯していないときもあるので、あるときは他の白衣よりも優先して着用しています。」

CLIMを購入してどれぐらい経ちますか?
橋村先生
「約半年弱ぐらいです」

CLIMと最初に出会ったきっかけは何ですか?
橋村先生
「研究室の内科の先生が着てらっしゃって、その方からの紹介です。医院に現物を持って来て頂き、試着をしてから購入しました。」

CLIMを実際使ってみていかがですか?
橋村先生
「(他の白衣との)一番の違いは疲れないということですね。一日仕事をやればある程度は疲れは出るのですけれども、同じ服を着て、違う白衣やケーシーを着ているときと、CLIMを着用しているときとその疲れの差を感じることが出来るんです。やはり、動きの制限がなく、身体の動きに対して、抵抗なく動けるという感じがあります。一日長い時間着用していると、普通の白衣でしたらだんだんとその抵抗が疲労として蓄積されるのかもしれませんが、そういったことが随分と軽減されていると思います。

歯科医としてここは使いやすいと思った点はございますか?
橋村先生
「歯科医というか皆さん使うと思うのですけれども、左胸のポケットの端、ここがとても柔軟で、ボールペンを入れたり、インカムのはさむところを入れたり、ライトのひっかけるフックをつけたり、色々しているのですが、そういったものが入れやすいということがあります。
また歯科医の場合は立ったり、座ったりだとか、右手で何かを持ったまま、左手で何か遠くのものを持ってくるような動作があります。そういう時に、服にテンションがあると疲れにつながるので、先ほども申しましたけれども、とても楽に使えております。それと立ったり、座ったり以外にも、かがんだりとか色んな体勢をとるので、そういったときにフィット感が良いというか、逆にフィット感がないと言った方がいいんですかね、、自由さがあるのでとても診療が楽で重宝しています。

今後のCLIMにどのような期待をされますか?
橋村先生
「今、冬場なんですけれども、半袖しかないので、例えばバリエーションをちょっと増やして頂きたいなと思います。例えば7分にするとか長袖にするとか色々とあると思うので、そういうバリエーションと、中に着るインナーみたいなものがあると嬉しいかな。ラインナップを増やして頂けると嬉しいかなと思っております。

本日はお忙しい中ありがとうございました!

サッカー通りみなみデンタルオフィス
https://www.minamidental-office.com/
住所〒113-0033
東京都文京区本郷3-12-9
TEL03-6801-5495
FAX03-6801-5496
電車JR御茶ノ水駅徒歩8分
都営大江戸線、東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅徒歩7分

診療時間9:00-12:30/13:30-17:45
休診日:日曜日
★年末年始と5月の連休の祝日は休診

カテゴリー
インタビュー

尾崎章彦先生 インタビュー

プロフィール

●東京大学 医学部卒
●公益財団法人ときわ会常磐病院 乳腺外科医
●医療法人社団 青空会 大町病院 内科医

CLIMの白衣をどの位の期間、どの位の頻度で着用されていますか?
尾崎先生「 今、もうすでに一年以上使わせて頂いていて、毎日使わせていただいています。毎日着ているという状態です。 」

CLIMを知った最初のきっかけは何ですか?
尾崎先生「知り合いの医師が使用していて、その人からケイ.アンビエンテ㈱さんを紹介して頂きました。ご担当の方にCLIMの商品を持って来て頂き、試着させて頂きました

実際に使ってみて、いかがですか??
尾崎先生「非常に着心地が良いですし、着ていても全く疲れません。今まで着ていたユニフォームの概念が変わりました。着心地が良いということは診療の質の向上にも役に立っていると思います。

乳腺外科の先生として、これは良いと思った点はございますか?
尾崎先生
「女性が相手の診療科になりますので清潔感が非常に重要だと思っています。一番良いのは、毎日洗濯して(イージーケアなので)清潔な状態で使えることです。デザイン的にも清潔感のあるものではないかと思っています。

診療中にこんな動きをするときにCLIMが役に立つというようなことはありますか?
尾崎先生
「診察をしていてししゃがんだり座ったりしながら体を前に伸ばす姿勢が結構多いのですが、背中が見えないというところが良いと思っています。」

今後のCLIMにどのようなことを期待されますか?
尾崎先生
「医療の質の向上のためにもっと多くの方に使って頂きたいたいというのがありますので、可能であればもう少し安くなるといいのではないかなと思います。」

本日はありがとうございました。

公益財団法人 ときわ会 常磐病院
〒972-8322 福島県いわき市常磐上湯長谷町上ノ台57番地
TEL:0246-81-5522 FAX:0246-81-5577
http://www.tokiwa.or.jp/hospital/jyoban/

カテゴリー
インタビュー

上昌広医師インタビュー

上昌広(かみ・まさひろ)

1993年東大医学部卒。97年同大学院修了。医学博士。虎の門病院、国立がんセンターにて造血器悪性腫瘍の臨床研究に従事。05年より東大医科研探索医療ヒューマンネットワークシステム(現 先端医療社会コミュニケーションシステム)を主宰し医療ガバナンスを研究。 2016年より特定非営利活動法人・医療ガバナンス研究所 理事長。

これまでのユニフォームとの違い

上先生「我々が従来着ていたユニフォームとはまるっきり違います。病院は昨今中々経営が悪いので、医療ユニフォームはコストとみなされています。私は25年以上医療業界にいますが、着心地や動きやすさを意識したものというのは聞いたことがありませんでした。本来、動きやすさや体の負担がないというのはとても大切なことです」

ーなぜこれほど着やすいのでしょうか?

上先生「動体裁断という技術を開発した方は解剖学を学ばれた方だそうです。体の構造や動きを考慮した裁断をしている。CLIMの服をパッと見た感じ、少し曲がっているように見えたりするのですが、それは着て動いた時にぴったりになるように設計されているためです。初めて着てみた時になるほどと思いました」

ー上先生はこれまでいろいろな医療関係者の方々にCLIM製品をご紹介してくださっていますが、評価はいかがでしょうか?

上先生「みんな口を揃えて『これはいい!こんないいものがあるとは知らなかった!』と言ってくれます。誇張ではなく、本当にみんな心からそう言ってくれます。医者は過剰労働状態にあるので、疲れにくいCLIMのユニフォームはぴったりだと思います。疲れないということは事故も減ると思うので、患者さんの為にもなるのではないでしょうか」

ー上先生、本日はありがとうございました!

カテゴリー
インタビュー

木戸雅人先生インタビュー

木戸雅人(きど・まさと)

プロフィール

学歴
  • 東京慈恵会医科大学卒業
  • 獨協医科大学大学院卒業
  • 医学博士修得
職歴
  • 東京慈恵会医科大学泌尿器科勤務
  • 東急病院泌尿器科医長
  • 木戸クリニック院長
所属学会・資格
  • 日本泌尿器科学会 専門医

従来の白衣

ー木戸クリニック様では、木戸先生含めてスタッフ皆様CLIMのユニフォームを着用いただいております。これまでのユニフォームをどのように感じていらっしゃったのでしょうか?

木戸先生「まず、私が先代の父から医院経営を引き継いだタイミングということもあり、自分の色を出していかなくてはいけないと感じていました。

これまでのユニフォームですが、病院の売店やオンラインで白衣を買っていました。しかし、着てみると『なんか着づらいな』という印象でした。買ってしまったものなので、我慢して着用していましたね」

ーCLIMのユニフォームはいかがでしょうか?

木戸先生「長時間着ていても疲れませんね。まるで着ていないかのような感覚でした。本当に楽でした。スタッフも『CLIMのユニフォームを着たら、他のは着れない』と言ってくれてます」

ー具体的にはどういった点がよかったと思われますか?

木戸先生「デザインがごちゃごちゃしていないのが、よかったですね。最近はベルトがついていたり、見た目がかっこいい白衣が多いのです。そういった白衣はかえって動きやすさを阻害していると思います。膝を曲げたりするのも楽でした」

木戸先生「ポケットの位置も計算されているなと感じました。携帯入れてかがんだりしても落ちてきませんので」

ーCLIMのユニフォームをどんな方に勧めたいと思われますか?

木戸先生「医療人全員に伝えたいです(笑)。それくらいの気持ちです。ただ、一回着てみないとこの素晴らしさが分かりません。CLIMでは無料試着サービスを提供しており、私も今回利用させていただきました。ぜひ、医療人の方々はお気軽に試してみていただければと思います」

ー木戸先生、本日はありがとうございました!

左:木戸雅人院長、右:木戸前院長
カテゴリー
インタビュー

丸和繊維工業・伊藤常務インタビュー

伊藤常務「弊社は創業64年、老舗の縫製メーカーです。Tシャツ、ポロシャツで使うような生地を専門で縫っております。その中で立体裁断というのは、美しく見せるには適しているが、動きやすいというわけではないということに課題にぶつかりました」

ーそこからどのように課題を乗り越えたのでしょうか?

伊藤常務「先生のおこした型紙で獲得したオリンピックのメダルは100個以上といわれる、中澤先生にご指導を仰ぐようになりました。現在では中澤先生と共同で動体裁断技術の開発に取り組んでいます」

ー中澤先生について教えていただけますか?

伊藤常務「中澤先生は40歳でお風呂に入っていらしたときに、動体裁断の着想を得られたそうです。『なぜ自分の皮膚はこれほどまでにタイトフィットなのだろう』と疑問を持たれました。そこから40歳にして医学部を受験され、解剖学を専攻され人体の構造を学ばれたそうです」

ー人体の構造に近いものを作ろうと思われたのですね!

伊藤常務「意外と思われるかもしれませんが、人間の皮膚は伸び縮みしません。しかし、伸び縮みしているように思うのは“しわ”が関係していることを勉強されました。そこで学ばれた知識を型紙に落とし込んだのです。3次元を2次元に落とし込むという逆の発想をされたのは、本当にすごいこと。型紙にしわの概念を入れることで、タイトフィットで着心地がいい素晴らしい服を作る設計をされたのが中澤先生です」

ーCLIMのユーザーにメッセージをお願い致します。

伊藤常務「ぜひ一度着てみてほしい。着てみなければ分からないというのが、弊社の悩みでもあるのですが(笑)。どんな説明するより、肌で感じたいただいたほうが早いですから。一度着て気に入ってくださった方はリピートしていってくださってます」

ー伊藤常務、本日はありがとうございました!

カテゴリー
インタビュー

川原麻美医師インタビュー

ナビタスクリニック新宿女性内科で診療されている川原先生にCLIM商品の魅力をお聞きしました。

川原麻美(かわはら・まみ)

2009年、京都府立医科大学卒業。綾部市立病院、船橋市立医療センターを経て2014年、亀田総合病院産婦人科。2016年より同院不妊生殖科医員。2019年4月よりナビタスクリニック新宿女性内科でも診療開始。(所属学会:日本産科婦人科学会、日本産科婦人科内視鏡学会、日本生殖医学会)

従来のユニフォーム

川原「いままでのユニフォームは綿が含まれているものが多かったです。私もそれでいいと考えていました。CLIMのユニフォームは綿が入っていませんが、汗をかいたときにさらっと乾きやすいのが着やすいなと感じました」

CLIMユニフォームの使いやすさ

ー川原先生はどんなときにCLIMのユニフォームが使いやすいと感じますか?

川原「産婦人科医なので、エコーをするときなどに前かがみになったり、かがんだりします。その際に肩周りがつっぱらず、背中がはったような感じがありません。そのあたりがとても動きやすいと感じました」

ー川原先生はどんなときにCLIM商品をオススメされたいですか?

川原「立ったり座ったりというのが多い職種だと思います。頻繁に手技を行う診療科の人にはオススメです。また、長時間着ていても疲れないので長時間労働になりやすい方にもよいのではないでしょうか」

川原先生、本日はありがとうございました!