厚生労働省調達のアイソレーションガウンの舞台裏②

国産アイソレーションガウン製造への道

ガウン調達班の方とアポイントを取り、4月24日夕刻経済産業省を訪問した。
どうしても医療現場にガウンが足りない。現在、公の募集はかけていないので限られた業者からしか提案を受けれていないとのことだった。
5月1日、8日、15日、22日、29日にそれぞれ国産でアイソレーションガウンを作った場合に何枚納められるか、それがポイントということだった。

初回納品の5月1日までは6日しかない。29日としても約1か月しかない。
それほど切羽詰まった状況で、政府の現場は混乱していたように思う。そのような中で経済産業省の担当官も思いを込めて解決策を探しているようだった。その熱意に応えるべく、22日・29日納品をターゲットでどれだけ作れるか、まずはシミュレーションを行った。
しかし、工場に上がり予定数を確認するも、各社から来る答えは作ったことがないのでわからないと。1日200枚上げることが出来るという工場もあれば、80枚しか上がらないと思うという工場もあった。何が正しいかわからないまま、腹を決めて報告を上げるしかなかった。しかも、経産省からの要求は1度の納品で1万枚以上ないと受入れることが出来ないとのこと。半分賭けのような気持ちで、納品予定数量を書き上げた。

契約に向けて

4月24日は金曜日。納品予定数量をメールで連絡した。経済産業省の担当官からは週明け早々に契約可否の連絡をするので、準備を進めておいてくださいとの返信があった。この時点で4月24日の23:56。あと4分で日付を超える時間だったが、経済産業省の担当官も帰れる状況ではないと我々の返答を待って頂いていた。

週明けの4月27日。協議をする会議が予定通り出来ないという連絡があり、おそらく夜中になるだろうというメールが届いた。
当時の話題は、女優の岡江久美子さんの死去とアベノマスクの回収問題。コロナ対策班の忙しさは想像を絶する状態だったと思われた。
しかし、5月22日に納品をするには、少なくとも生地の発注を行い、5月中に防水用の膜を生地に貼り合わせるという加工を完了させる必要があった。29日は祝日であるが、工場に無理をお願いしそこでの加工枠を予約させてもらった。
あとは担当官からの連絡を待つのみだった。
しかし、27日も協議が行われることがなく、28日の真夜中に協議が行われると連連絡があった。
翌28日。生地の加工スペースの変更が必要となり、朝より工場との段取りが必要となった。またこの時点でGW中の縫製が絶望的になった。やれることをできるだけやろう。そういったマインドだった。生地工場と縫製工場との調整は夜中まで続き、時計の針は0時を回っていた。終電を逃し、帰りにタクシーに乗った。厚生労働省の窓はまだまだ明かりがついたままだった。

厚生労働省 午前1:30頃の様子

28日13:00。担当官からのメールが届いた。
弊社としては2度目の政府との契約。
担当官とは毎日夜遅くまでやりとりをしてきて、この連絡をもらった時には電話口でお互い涙がこぼれそうになった。経済産業省、厚生労働省の方々は当時アベノマスク問題でメディアからかなり叩かれていた。そのような状況下で、医療現場の皆様のことを考え、寝る時間を削りながら国民のために働く。そういった姿勢に大変感動を覚えた。我々もその思いに少しでも応えたいと思った。
そのお互いの思いのこもった契約だったように思う。

https://climdaikanyama.com/product/kambiente-iso-3/


③に続く




すみっコぐらしをデザインしたスクラブ&エプロン登場!!

大人気キャラクターすみっコぐらしをデザインしたスクラブとエプロンが登場!!

CLIMサイトにて2月22日(月)より先行予約開始します。
 「すみっコぐらし」は、日本キャラクター大賞2019でグランプリを受賞したほか、2019年11月に公開された映画「すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」の観客動員数が120万人を突破。2021年には映画第2弾も公開予定のママと子どもたちに大人気のキャラクターです。

この企画は昨年度よりデザイン等、練りに練ってついに登場させることができました。
某小児病院では、入院の際におもちゃを一つだけ持って来ていいというルールがあるようなのですが、その際にすみっコぐらしのぬいぐるみを持って来る子どもが多いと聞きました。それから構想をはじめ、ようやく実現することができました。

子供たちが少しでも怖がらずにお医者さんや歯医者さんに来てもらえるように、健やかに健康に育つためにお役に立てればうれしいです。

今回は数量限定での予約販売です。ぜひこの機会にお買い求め下さい。

特設ページ:https://climdaikanyama.com/sumikko/index.html

【ご参考:「すみっコぐらし」とは】
電車に乗ればすみっこの席から埋まり、
カフェに行ってもできるだけすみっこの席を確保したい・・・。
すみっこにいるとなぜか“落ちつく”ということがありませんか?

さむがりの“しろくま”や、自信がない“ぺんぎん?”、
食べ残し(?!)の“とんかつ”、はずかしがりやの“ねこ”、
正体をかくしている“とかげ”など、ちょっぴりネガティブだけど
個性的な“すみっコ”たちが共感を呼び、
ママや子どもたちに大人気のキャラクターです。

「すみっコぐらし」公式WEBサイト

https://www.san-x.co.jp/sumikko/

厚生労働省調達のアイソレーションガウンの舞台裏①

きっかけ

2020年4月上旬から我々にとって怒涛の日々が始まった。

厚生労働省が経済産業省を窓口として、コロナ対策のため国内生産のガウンの調達を始める。
そのような情報を4月上旬に耳にし、我々で出来ることがないか動き始めた。
それまでアパレル商品しか取り扱いの無かった我々が新たな領域へ前進する挑戦が始まった。

アイソレーションガウンって何??

当時、日本に流通するアイソレーションガウンは全て海外品で、国産のものはなく、普段目にしたこともないので、その商品がどこでどう使われていて、どういったものなのか全くわからない状況。
市場に売られているアイソレーションガウンを取り寄せても、様々な種類のものがあり、フードがついているもの、ビニールで出来ているもの、不織布のもの、ラミネートされているもの、使い捨てのものやディスポ―サルのものがあった。種類がありすぎて今回の調達の対象となるものが全く分からない、そんな状態だった。厚生労働省に問い合わせをしても、アイソレーションガウンという言葉に詳細な定義はないようだった。

今回の調達の内容は二つあり、一つは国内で縫製したもの、もう一つは海外から輸入したもので、急ぎのものは4月末にはほしいとのことだった。
当時、4月中旬に差しかかり、リミットまで全く時間が無い。
我々としてはそれまで商社で培った経験を活かし、短いリードタイムで納品が出来ると考えられる海外のアイソレーションガウンに全力投球した。

立ちはだかったコロナの壁

我々の前に立ちはだかった壁、それは情報の不足だった。今まで取り扱っていたものと違うため、自分たちの引き出しの中には、アイソレーションガウンの取り扱い工場がないこと。その上さらにコロナにより海外出張も制限されていた。商社では実際に現地に赴き、自分でよいと思えるものを吟味し、値段を交渉し、輸入の方法までも決めていた。今回はそれができない。

そこで活躍したのが中国ローカルスタッフ。当時コロナ禍で規制がある中、中国国内を駆け回り信用に足る工場の候補を獅子奮迅の活躍で複数見つけ出した。各工場よりサンプルを送るにも国際クーリエがコロナの影響でタイムリーに届かない状況。我々が日本で現物をチェックすることすらができず、全て我々と同じ目線で品質の基準を見れる中国スタッフに頼るしかなかった。
電話アポで工場の経営者と話す。相手にされない工場も多々あった。それでもあきらめず、工場を探し続け、これぞという工場にはサンプルを送付してもらった。その中から中国スタッフが全ての情報を踏まえよいものを選び、今回の商品の生産工場を決定し、日本にその工場の商品サンプルを送付した。
コロナの影響で国際クーリエがうまく動かない状況下、リスクを分散するため荷物を数回に分けて発送した。経済産業省の担当者も厚生労働省の方と協力しながら、サンプルを持ち込む度に時間を割いて評価をして頂き、ようやく値段的にも品質的にも基準をクリアする商品の仕様決定した。

初めての契約

4月24日、厚生労働省との初めての契約を行った。アパレルでは見たことのないような数量の契約。納期は最速でということ。医療現場では、ひっ迫した状況が続き、遅くとも5月の連休明けにはガウンを現場に届けたいという、経済産業省と厚生労働省の担当官の思いのこもった契約。
その思いは、中国の工場の方にも伝わり、少しでも早く現場に荷物が届けられるよう5月の労働節前に商品を輸出してもらうこととなった。
通常ではありえない短納期。工場には最優先で仕事をこなしてもらうために前金を払ってオーダーを行った。それまでに送金したことのないような金額。我々にも緊張感が張り詰め、社運をかけたプロジェクトとなり、失敗が許されないため中国スタッフも毎日のように工場に検品のため訪問を繰り返した。

第二の壁

いよいよ輸入に際し、数量にして2,000カートン。40フィートコンテナ2台分。業界的にドライバー不足で、なかなかトラックの手配のできない状況が続く中、納期遅れも許されない状況。遅延してキャンセルをすると次のドライバーがすぐに予約できないと言われ、1日でも入港が遅れたら納期遅れをしてしまうという一発勝負の輸入だった。弊社の物流担当にも緊張が走る。
中国側でも医療関連物資の輸出に規制がかかり、スムーズに通関が切れないかもしれないという情報が出回っていた。ここは我々の力の届くところではなく、言葉通り無事通関されることを祈るしかなかった。
世間はゴールデンウィークの真っただ中。中国スタッフから夜中にメールが届き、無事通関できたという朗報だった。

その後経済産業省の方も、納期を遅らせるまいと各方面手を尽くして頂き、免税手続きでスムーズに通関出来るように東京税関への根回しをして下さり、滞ることなく予定通りの通関がきれた。社員一同胸を撫でおろした瞬間だった。

5月前半に無事に商品を納品し、まずは最初の契約を完了した。
https://climdaikanyama.com/product/plasticgawn/

②に続く